規約

東京都高等学校ボードゲーム連盟 規約

第1条 名称
本連盟は東京都高等学校ボードゲーム連盟と称する。

第2条 目的
東京都高等学校におけるボードゲームの普及と発展、競技力の向上や交流に関する事業を行い、関係団体と提携し、ボードゲーム文化の健全な向上充実を図り、もって高校生の健全な育成に資することを目的とする。

第3条 事業
本連盟は前条の目的を達成するために次の事業を行う。
1.東京都高等学校におけるボードゲーム活動の推奨と普及
2.東京都高等学校におけるボードゲームの交流会や選手権大会の開催
3.東京都高等学校におけるボードゲームの講習会や研修会の開催
4.その他必要な事業

第4条 組織
1.本連盟は第2条の目的に賛同する東京都高等学校ボードゲーム系クラブ(講座)をもって組織する。
2.本連盟に加盟できるのは全日制および定時制の高等学校、中等教育学校の後期課程、高等専門学校の後期中等教育課程とする。(通信制高等学校や高等専修学校は含まない)
3.同一経営の学校法人や中等教育学校における中学校ボードゲーム系クラブ(講座)を含むことができる。(中学生のみでも加盟を認める)
4.本連盟の趣旨に賛同する法人を、別に定める賛助会員とする。

第5条 役員
本連盟には次の役員をおく
1.会長1名
2.副会長若干名
3.事務局長1名
4.会計1名
5.監査若干名
6.常任委員若干名
7.相談役若干名

第6条 役員の選出と任期
1.会長は役員会の推薦を経て、総会でこれを決める。(加盟校の顧問から選出する)
2.必要に応じて副会長を選出することができる。(選出方法は前項に準じる)
3.事務局長、会計、監査、常任委員は総会において、原則として加盟校の顧問から選出する。
4.相談役は連盟外部の有識者の中から役員の推薦を経て、総会で選任することができる。
5.役員の任期は1年とし、再任することができる。
5.欠員により補充された役員の任期は、前任者の残存期間とする。
6.必要に応じて副会長を選出することができる。(選出方法は前項に準じる)

第7条 役員の任務
役員の任務は次のとおりとする。
1.会長は本連盟を統括し、本連盟を代表する。
2.副会長は会長を補佐する。会長に事故などがあるときは、会長の任務を代行する。この場合、副会長の互選により会長代理1名を決めるものとする。
3.事務局長は本連盟の事務を行う。
4.会計は本連盟の会計を処理する。
5.監査は本連盟の事業と会計を監査し、総会等で報告する。
6.常任委員は本連盟が関わる事業の運営および事業全般について執行する。
7.相談役は連盟の運営に関する事項について役員の諮問に応じる。

第8条 会議
本連盟の会議は総会と役員会とする。
1.各会議は会長または副会長が招集する。
2.総会は連盟の最高決議機関であり、年1回以上開催し、事業の報告と計画、会計の決算と予算、役員の選任およびその他の重要事項について議決する。
3.総会は加盟校の顧問と生徒代表の2分の1以上(委任状も含む)の出席を持って成立し、採決は出席者の過半数を持って可決される。可否同数の場合は各会議の責任者がこれを決する。
4.役員会は連盟の執行機関であり、総会から負託された業務を遂行する。
5.役員会は会長、副会長、事務局長、会計、監査、常任委員により構成する。
6.役員会は相談役を除く役員の2分の1以上(委任状も含む)の出席を持って成立し、採決は出席者の過半数を持って可決される。可否同数の場合は役員会の責任者がこれを決する。

第9条 事務局
1.本連盟の事務局は事務局長が在籍する学校におく。
2.事務局長が在籍する学校に事務局を設けないときは、総会の承認を経てその年度内に限り臨時に事務局長以外の役員が在籍する高校に事務局をおくことができる。

第10条 会計
本連盟の会計事務処理に関する規定は別に定める。

第11条 細則
本連盟の運営に関する細則は役員会において別に定める。

第12条 規約の改正
本規約の改正には総会の決議による。

第13条 附則
本規約は2018(平成30年)6月3日から施行する。
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
会計規定
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
第1条 会計年度
本連盟の会計年度は4月1日から3月31日とする

第2条 収入
1.加盟校の加盟費は1校につき2,000円とする。
2.賛助会員の加盟費は一口5,000円とし、口数は任意とする。
3.交流大会の参加費は無料とする。
4.選手権大会の参加費は大会ごとに定める。

第3条 支出
1.本連盟を運営するための支出は、予算案に基づいて執行する。
2.予算の補正は役員会の承認が必要である。

広告